​心に書きつけられた律法とは ヘブ10:1-22

 

 旧約の大祭司が贖罪日に捧げる犠牲は、毎年繰り返されても、人々を怖れなく神の前に立たせることが出来るようにはさせませんでした。完全なものになるとは、神の前にそのようなものとして、立つことが出来る、ということです。神の前に立って願い事をして聞き入れられるような関係性に生きることがゆるされることです。三節、罪の記憶、というのは単に罪を心に思い浮かべることではありませんで、罪への復帰や固執という具体的な行為に結びつきます。

 雄牛や雄山羊を捧げて、血を振りかけられても、イスラエルの人たちは再び罪を犯し、とりもなおさずそれを自己正当化して拘り、そこから自由になれずに、罪の中で生きて行く力しか、与えられなかったのです。だから、神の前におそれなく立つことは出来なかった。そういう力しか、動物の血による犠牲にはなかったのです。

 次の五節以下は、七十人訳の聖書、詩編の四十篇を引用しています。ただし、七十人訳自体が誤訳していて、誤訳を著者は意図的にか、踏襲しています。七十人訳がユダヤ教のメシア主義の立場を貫いたのを、キリスト論的に展開させたのが、この箇所です。「身体を備えた」は新共同訳では「耳を開いて下さいました」になっています。

 キリストは受肉によって私たちと同じ身体を備えられ、そしてそれを自ら十字架の上で捧げられました。それによって、私たちはどうなったかといいますと、聖なるものとされた。永遠に完全なものとされたのです。永遠におそれなく、神の前に立てるものとされた、のです。つまり現代的に言えば、神に受け入れられた、のです。

 身体をキリストがご自分を捧げることでそれでは何故、神の前に立てるようになるのか。それは罪への復帰や固執から自由にされるからです。罪の中に戻ってしまわない。罪の方が好きだから、といってそこに拘らないように人間をさせるから、です。

 それは心に律法が置かれ、思いに書きつけられるからです。キリストが肉体を取られて、ご自分を捧げられたことは、私たちに神の愛を知らせます。神が、どのような方であるのかを私たちが聖霊によって深く知るからです。神は私たちの罪、私たちのしでかしたことを、自らの身体で責任を取る方、自ら血を流すことによって責任を取る方であることを、私たちが知るからであります。

 くり返し何度でも申し上げますが、誰かが私のために命を棄てた、ということは私たちにとってずしり、と来る事柄です。その死が悲惨であればあるだけ、なおさらです。十字架の死はこの世で最も悲惨な死の一つでした。長く続く、苦痛の死でした。神はそのような死をご自分のものとなさる方である。そのような死が私たちに刻みつけられる。私たちの胸に刻みつけられる。その時、私たちは変わらざるを得ない。神を礼拝せずにはおられないのであります。神に従って生きたいと願わざるを得ないのであります。

 そこにおいて大きな働きをなさるのは聖霊です。聖霊は文字通り心に置き、思いに書きつける。聖霊の大きな働きは啓示、であるといわれるゆえんです。啓示存在というふうに神学では言われます。聖霊は救いをその人のものとする、ものとして伝える存在です。私のものとなる。神様が歴史の中でして下さったことが私のものとなる。客観的な歴史じゃない。教義じゃない。イエス様が十字架にかかられた。それは私のためである。この私のためである。ありがたいですね。この私どうにもならない私のために神は死んでくださるんだ。ありがたいね。それが分かるようにさせてくださる。ああ、私のためにして下さったんだ。聖霊を受けるということはこういうことなんです。異言てね、単にわけのわからないことを語っているわけじゃない。音を立てているわけじゃない。今ここに確かに聖霊がおられてね、十字架の出来事、復活の出来事が本当だと自分の中でも確認できる。救いの保証書というか、証印なんですよ。ああイエス様が私のためにお身体を犠牲にして下さった。私はその保証書として聖霊を与えられている。そのしるし、目に見えるしるしが異言なんですね。異言大事にして下さいよ。十字架、復活、聖霊降臨はつながっているんです。私は今異言で祈っているけれど、これは十字架の出来事が本当だ、ということなんだ。私は神様に永遠に完全なものとして見て貰えているんだ。異言語らなきゃ、聖霊が与えられていないということじゃないですよ。異言はそれをリアルに確認できる一つのしるしなんです。

 19節以下、私達には新しい神に近づく道が用意されているから、私達は清められて良心にとがめを感じる必要はないのですから、信頼しきって真心から神に近づくことがゆるされているのです。子どもみたくね、単純な信頼に生きていくことがゆるされているのです。

 昨晩、突然韓国から国際電話が入りました。知らない女性からです。信仰相談をしたいという日本人女性でした。私の勘ではおそらくヨハン教会か、万民教会のようなグレーゾーンに属する半カルト化した韓国系の教会です。何で私なんですか?と聞くと聖霊でググったらうちの検索が上位に来たからだと。聖霊に飛ばされて来たなと思いました。

 聞くと信仰の調子が悪い。賛美をしても、聖書を開いても喜びがない。みんなはクリスチャンとして成長しているのに自分は停滞して、みんなからダメだ信仰をなくしかけている、落ちると思われている。牧師に相談しても日本でも韓国本部でも埒が明かなかった。悪霊のアタックが強くて怖い悪魔の幻を見た。自分は地獄行きなのではないか。

 ざっとこんなかんじなのですね。HSCだとまず話していて思いました。人一倍敏感な子どもなのですね。自分に敏感、他者の感情に敏感。自己肯定感が著しく低い。

 話を聞いて、私は答えました。あなたがいるのは霊の闇夜、という状態だと思います。熱心であろうとしても罪を犯していなくても、神を感じられない、喜びを感じられない、祈りたくても祈れない、暗い場所を古代からクリスチャンは通らされて来ました。その状態のまま世を去らなければならなかった聖人もいます。その聖人は信じたい、信じたいと言ってなくなる前に苦しみました。そして私はいのちに入るのです、といって信頼して亡くなりました。わずか二十歳前後です。

 だからあわてなくてもいい。自分を責めなくてもいい。人の声を聞いてはいけない。あなたが自分を地獄行きだと感じてもそれさえ関係ないんです。悪魔の幻が見えても怖がらなくていい。あなたはイエス様の十字架の犠牲によって完全なものとみて貰えるんです。誰かがダメだと言っても、自分がダメだと言っても、落ちれば落ちるだけ、神様の御手はあなたの下にある。あなたを抱えて下さる。ダメじゃない。私があなたのために死んだんだよ、あなたは大丈夫だ、と言ってくださる。あなたの洗礼の時の誓いは永遠に有効なんですよ。何も感じられない時、祈れない時はそれでいい。ただ、信頼を向けるのです。暗い中で信頼をむけるのです。

 ただ、イエスがおられる。イエスがおられるから、私達は単純な信頼に生きていいんです。信頼しきることがゆるされているし、求められてもいるんです。信頼しきって真心から神に近づきましょう。最後のところ求められるものは信頼なんです。先ほどの聖人はいいました。「成聖に導くもの、それは信頼のみです。」清められて神に近づく道、それは信頼なんです。

Copyright

© 横浜聖霊キリスト教会

Call us:

045-859-9580

Find us: 

横浜市港北区綱島西2-15-1シェブロン第二ビル2A

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now